ゆっくり練習(専門のレッスン②)

テクニック的に難しいところは、がむしゃらに練習しがちです。
でもある程度弾けるようになったら、少し立ち止まってみて下さい。

 

速く弾けるようにと、速くばかり練習していませんか?
速くばかり練習すると、速く弾けていると思い込んでいるだけで実は滑っているということがよくあります。

ゆっくり弾いてみた時に、きちんと弾けるでしょうか。
意外に弾きにくいと感じることがあります。もしくは前のめりになってしまってゆっくりそのものが弾けないことも。

 

ゆっくり弾けないということは、速くも弾けないということ。
弾けているつもりでも、自分のものになっていないという状態ですね。

 

ですから、ゆっくり弾いてみるというのはとても重要なことなのです。

そして、ゆっくり練習の時は、単にゆっくり遅く弾くだけでは意味がありません。
全てのスローモーション。
指や身体の動きも、とにかく正確に、速いときのそのままをゆっくり。

 

細かく確認する作業でもありますが、とにかく徹底してゆっくり練習することで全ての動きを定着させるのです。

 

そうすることで曲をきちんと仕上げられますし、テクニックを徹底しておけばもっともっと気持ちも乗せていけます。

本番で緊張した時も焦らず、滑らず、安定して弾けるのです。

 

とにかく、正しい練習を徹底すること。
近道はありませんね。

2021年02月28日|レッスン:専門のレッスン