譜読み(専門のレッスン③)

新しい曲を読むとき、まず何をしていますか?
いきなり楽譜にかじりついて読み始めていませんか。

 

その前に、楽譜を机に置いてゆっくりじっくり眺めてみてください。

 

曲にはそれぞれの形式がありますね。
まずはその形式を知ることが大切です。

 

代表的なものだとソナタ形式。提示部、展開部、再現部はそれぞれどこだろうかと探します。

フーガはテーマからきちんとした分析が必要ですね。

 

そうすることで譜読みの助けにもなりますし、曲の構成も頭に入ってきます。

音楽もその構成から組み立てますから、構成力を付けるためにも、まず楽譜から知ることが大切。

 

ついつい、譜読みをしなければとピアノにかじりついて弾いてしまうものですが、まずは弾かずに、本当に楽譜を「読む」だけをしてみると、自分で気付くことも多くなると思います。

2021年04月04日